こんなお口の症状ありませんか?TROUBLE

01 朝起きたとき、お口がネバネバする

「原因」

01 朝起きたとき、お口がネバネバする イメージ画像口の中がねばつく原因は、細菌の繁殖と唾液量の減少です。私たちの口の中には、多くの細 菌が住んでいます。口が食べ物を咀嚼する器官であるため、致し方ない問題です。

一般的に、口の中の細菌量は歯磨きと唾液が調節しています。歯磨きをすれば、口の中の汚れと細菌が一緒に取り除くことが可能です。そして、唾液には口の中を綺麗に洗浄する効果があります。しかし、様々な原因で口の中の細菌が増加して、唾液の分泌量が少なくなります。その結果、口の中の水分が減少し粘度が増します。この粘土が増している症状がネバネバの正体です。ひどく喉が渇いたり部屋の中が乾燥していたりする場合でも、口の中がねば つくこともあります。

「対策」

01 朝起きたとき、お口がネバネバする イメージ画像口の中のネバネバが気になる場合は、まず歯医者を受診しましょう。歯磨きが不十分だった場合や歯周病だった場合は、歯をクリーニングし歯周病の治療をすれば改善が可能です。

また、ライフ錦糸町歯科クリニックでは歯周内科治療を行っております。治療することで、はっきりと自覚できる程、歯ぐきからの出血や口腔内のネバツキが短期間で改善されます歯周病は進行することで、口のネバつきだけでなく歯が抜けるリスク等もあるので早期の 治療がおすすめです。

02 歯磨きのとき、血が出る

「原因」

02 歯磨きのとき、血が出る イメージ画像歯磨きをしている最中に出血、そんな経験をしたことがある方は、多数いらっしゃると思います。歯磨きをしていて歯ぐきから出血する原因の90%以上は歯周病であると言われています。

歯と歯ぐきの間に食べ残しなどによる歯垢が溜まって歯周病菌が繁殖すると、歯ぐきが炎症を起こす可能性が大きいです。この歯肉が炎症を起こしている状態に、歯磨きによる 刺激が加わると出血する場合があります。出血量は歯周病の進行具合によって変わりますが、重い歯周病の場合は、大量の出血をする場合もございます。

「対策」

02 歯磨きのとき、血が出る イメージ画像歯磨き中に出血が出る原因が歯周病である場合、普段の歯磨きで歯垢を残さない(プラーク コントロール)することが大事です。ライフ錦糸町歯科クリニックでは、一人一人の歯の状 態に合った正しい歯ブラシの動かし方、ブラッシングの仕方を指導しております。

しかし歯磨きを行っても、全ての歯垢は取り切れないので、定期健診もオススメしております。また、ライフ錦糸町歯科クリニックでは、治療中に痛みを感じることが少ない歯周内科治療 を行っております。各種検査を経てお薬の処方、ご自宅でのホームケア、歯石取り、という手順で歯周内科治療を進めていきます。ご興味がある方は是非一度ご来院下さい。

03 歯ぐきがむずかゆい・痛い

「原因」

母子感染には注意が必要です イメージ画像歯ぐきがむずかゆい、歯ぐきがムズムズする等お悩みを持つ方は多くいるようです。歯ぐきに軽度の炎症が起き、かゆくなってしまうことには様々な原因が考えられます。お酒の飲み 過ぎ、タバコの吸い過ぎ、ビタミン不足など日々の生活習慣が起因しているケースもあります。

一番大きな原因としては、日頃の歯みがきで、磨き残しがあり歯垢が溜まり歯肉の炎症を引き起こすオーラルケア不足があげられます。また、日々のオーラルケアを怠ることが続くことで歯周病にかかるリスクが大幅に増加します。そして、日本人の成人の約 80%は歯周病あり、初期の歯周病の症状として歯ぐきがむずかゆい、痛いなどがあげられます。

「対策」

母子感染には注意が必要です イメージ画像歯ぐきがむずかゆい、歯ぐきの痛みなどを防ぐためにも日頃からの歯周ポケットの歯垢を 取りきることを意識したオーラルケアが不可欠です。自宅で行うケアとして、日頃の歯ブラシの後に行うデンタルフロスやフロスピックを使用することを推奨します。

また、ライフ錦糸町歯科クリニックでは、治療中に痛みを感じることが少なく、早期に効果 がでやすい歯周内科治療を行っております。初診でカウンセリングを受けていただいたのち、位相差顕微鏡とリアルタイムPCR法による各種検査を経てお薬の処方、ご自宅でのホームケア、歯石取り、という手順で歯周内科治療を進めていきます。歯周内科治療にご興味がございましたら、是非一度ご来院ください。

04 歯ぐきが赤くはれている

「原因」

母子感染には注意が必要です イメージ画像歯ぐきが赤くはれている原因として歯周病があげられます。むし歯は歯に直接起こる病気ですが、歯周病は歯ぐきなど歯の周辺組織に起きる病気です。

歯ぐきに赤みが生じたり、腫れたりする「歯肉炎」、歯ぐきから血・膿が出たり、歯を支える骨(歯槽骨)が溶け始めるなどの症状がでる「歯周炎」、その2つが歯周病と呼ばれています。歯ぐきが赤くはれる症状を抱える人は、40歳前後に急速に増加します。悪い生活習慣や、加齢に伴う免疫力の低下が顕著に表れ、多くの方が歯周病に感染するケースがございます。

「対策」

母子感染には注意が必要です イメージ画像歯を支えている組織は、歯肉とその中にある骨(歯槽骨)です。健全な歯周組織は、歯の根を包み込んで、しっかり歯を固定しています。正常な歯ぐきは白っぽいピンク色をしており、赤く腫れた状態にもなりません。

正常な歯ぐきの状態を保持する為にも、日々の適切な歯磨きと歯科医院での定期健診の受診をオススメします。また、ライフ錦糸町歯科クリニックでは、治療中に痛みを感じることが少ない歯周内科治療を行っております。各種検査を経てお薬の処方、ご自宅でのホームケア、歯石取り、という手順で歯周内科治療を進めていきます。ご興味がある方は是非一度ご来院下さい。

05 かたい食べ物が噛みにくい

「原因」

母子感染には注意が必要です イメージ画像年々、かたい食べ物が噛みにくくなっている方々は、歯周病の可能性があります。歯周病は 歯にできる虫歯とは違い、歯の周辺組織である歯ぐきが炎症をおこして腫れ、歯ぐきから血や膿がでる、あごの骨が歯周病菌によって溶けてくる、など、さまざまな症状が現れる病気です。

中度の歯周病になると、歯を支えている歯槽骨は歯周病菌によって半分近くまで破壊が進行してしまい、歯がグラグラとぐらついてきます。また、歯ぐきが下がって歯が長く見えるようになります。よってかたい食べ物などを噛みづらくなるケースが多々あります。

「対策」

母子感染には注意が必要です イメージ画像歯周病は海外では「サイレントディジーズ(静かな病気)」と呼ばれ、自覚症状にとぼしく、自分自身では症状に気づきにくいという特徴があります。初期の歯周病の歯肉炎になると歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きのときに歯ぐきから血がでるようになりますが、これらの症状は歯周病ではなくても現れることがあるため、ついつい病気を見落としてしまいます。このような状況を防ぐためにも、まずは歯科医院への定期健診をオススメします。普段行っている歯みがきでは落とせない汚れや、歯石をお掃除することで歯周病対策が可能となります。また、ライフ錦糸町歯科クリニックでは、治療中に痛みを感じることが少なく、早期に効果がでやすい歯周内科治療を行っております。初診でカウンセリングを受けていただいたのち、位相差顕微鏡とリアルタイムPCR法による各種検査を経てお薬の処方、ご自宅でのホームケア、歯石取り、という手順で歯周内科治療を進めていきます。歯周内科治療にご興味がございましたら、是非一度ご来院ください。

06 お口の匂いが気になる

「原因」

母子感染には注意が必要です イメージ画像口臭が気になるという方は、歯周病に感染している可能性が有ります。歯周病になると、歯肉の腫れ・出血などの症状が引き起こされ、歯がグラグラして抜け落ちるだけでなく、歯周 病原菌は強い悪臭を持つメチルメルカプタンというガスを多量に発生させることから、口臭が非常に強くなる特徴もあるからです。

このメチルメルカプタンという揮発性硫黄化合 物は、玉ねぎが腐ったような臭いが特徴です。適切な歯みがきなどの口腔内メンテナンスを怠り、歯周病に感染することが口臭の発生にも大きく関係することが分かります。

「対策」

母子感染には注意が必要です イメージ画像歯周病が原因の口臭を改善する為には、やはり根本的に歯周病治療を行い必要があります。代表的な歯周病の治療には、口臭のもとにもなっている歯垢や歯石の除去があります。歯周ポケットに溜まった汚れを取り除くことで炎症が抑えられて、次第に口臭もなくなります。

また、ライフ錦糸町歯科クリニックでは、治療中に痛みを感じることが少ない歯周内科治療を行っております。各種検査を経てお薬の処方、ご自宅でのホームケア、歯石取り、という手順で歯周内科治療を進めていきます。ご興味がある方は是非一度ご来院下さい。

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください