歯周病の豆知識TRIVIA

2019年1月5日 (土)

カテゴリー:

なぜ、歯周病は全世界で最も蔓延している病気なのか?

歯周病は人類史上最も多くの感染者が多い感染症であると2011年にギネスブックに認定をされました。

 

それほど歯周病に感染している人が多く、ひどくなると歯を失う原因にもなる怖い病気です。

 

なぜこれほど歯周病は蔓延しているのかご説明します。

 

【歯科医院の治療だけでは改善しない】

 

歯周病は歯科医院で治療するだけでは改善しません。

自宅での毎日のケアでしっかりとプラークを除去してお口の中を清潔に保ち続ける必要があります。

 

また歯並びが悪い所や磨きにくい所など、自宅でのケアだけでは完全に汚れを落としきることが難しく定期的な通院が大切です。

 

ただ、症状がなくなった後に両方を継続することが難しく、歯周病が再発してしまうことも少なくありません。

 

また、歯周病は自覚症状も少なく、気づいた時には進行している病気なので、『痛くなってから治す』という考え方では中々改善していきません。

 

欧米では痛くなってから通院より、予防で通院するという考え方が定着しているのでその分日本の方が、歯周病が悪化している人が多い傾向にあるといわれています。

 

【継続することの大切さ】

 

普通の病気の治療は悪い部分が治ったら治療が終わりという考え方が多いですが、歯周病は『治る』というよりは『症状が安定する』という考え方です。

 

減ってしまった骨は再生手術以外では戻りませんし、歯周病の原因である『プラーク』はお口のケアを怠ってしまうと簡単に着いて歯周病を悪化させてしまうからです

 

そのため、『歯周病は継続してケアする』ことが非常に大切です。

むし歯の様に自覚症状も少ないのでいつの間にか悪化してしまい、手遅れになることも少なくありません。

 

自宅でのケアを十分に行い、歯科医院で定期的に歯ぐきの状態や汚れの状態をチェックすることで歯周病は予防することができるのです。

 

毎日歯磨きをしていても『磨いている』のと『磨けている』の違いがあります。

磨いている場合には磨き残しができてしまうことがあり、その部分が歯周病になってしまいます。

 

お口の中の環境を整え自分の歯でしっかり噛むことができるようにしていきましょう。

 

 

歯周病は多くの人が感染している病気ですが、お口の環境を整えることで症状を安定させることができます。

 

そしてその方法は『汚れをしっかりと除去する』ことなのです。

簡単なことの様ですが、毎日継続することやすべて完璧にすることが難しいので歯科医院と連携してお口をキレイにしていきましょう。

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください