歯周病の豆知識TRIVIA

2018年12月27日 (木)

カテゴリー:

歯周病で歯が抜けた後の治療法(インプラント編)

【インプラントとは?】

 

インプラントは歯を失った部分に『人工歯根』を埋め込んで、その上に被せ物をする治療です。

残っている歯の歯周病の治療し終えた後でないと、埋入することはできません。

メリット・デメリットを比較してインプラント治療を検討してくださいね。

今回は歯周病で歯が抜けた後の治療法の中でインプラントについて詳しくご説明します。

 

【インプラントのメリット】

 

  •  周りの歯に負担をかける心配がない

インプラントは単独で治療することができるので、他の歯に咬合力の負担をかけて寿命を縮める

ことがありません。

 

② 人工歯根を埋め入れるので安定性が良い

人工歯根がしっかりと骨と結合して安定します。

 

③ 固定式なのでしっかりと噛むことができる

人工歯根の上に固定式の被せ物をするので、安定感がありしっかりと噛むことができる。

 

④ 違和感なく使用することができる

ずれたりすることがないので、自分の歯と同じ様な感覚で使用することができる。

 

⑤ 天然歯と変わらない見た目で美しい歯を手に入れることができる

ほとんどが保険の適応にならない自由診療なので、被せ物を自由に選択することができ、セラミックを使用して透明感があり、自然な見た目を手に入れることができます。

 

【インプラントのデメリット】

 

① 外科的な手術が必要になる

(麻酔をするので、痛みはありません。)

歯ぐきを切開して『インプラント体』を埋め込むので、麻酔をして痛みがない様にしますが、場合によっては腫れるリスクがあります。

 

② ほとんど保険が適応にならないので、自由診療になり、費用が高額になることがある

(先天的なあごの欠如などのケースでは適応になる場合もあります。)

また、自由診療は歯科医院ごとに費用が異なるので、インプラントの歯科医院選びの際には費用も考慮しましょう。

 

  •  インプラントが骨と結合するまで時間がかかるので、治療期間が長くなることがある

(平均で6か月~10か月程度)

 

④ あごの骨が少ない場合にはインプラントが適応にならないことがある

(骨の再生手術が適応できれば手術ができることもあります。)

インプラントはあごの骨に『インプラント体』を埋め込むので、支えになるあごの骨が少ない場合には『インプラント体』をしっかりと支えることができず適応にならないことがあります。

 

⑤ 歯周病を治さないと、インプラント周囲炎にかかりやすい

 

インプラントは第二の永久歯ともいわれるメリットの多い治療です。

ただデメリットも存在するので、メリット・デメリットを比較して治療の選択肢をして考えてみてくださいね。

 

 

 

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください