歯周病の豆知識TRIVIA

2018年12月25日 (火)

カテゴリー:

固い食べ物が噛みにくい原因って?

お口の中に不具合があるとしっかりと噛むことができなくなります。

特に硬い食べ物が噛みにくくなり、食事の楽しみが減ることも出てきます。

 

そこで今回は硬い食べ物が噛みにくい原因についてご紹介します。

 

 

【歯周病】

 

歯周病はプラークが付着したままになると、細菌が増殖して歯ぐきに炎症を起こして、ひどくなると歯を支えている骨を溶かしてしまう怖い病気です。

 

歯を支えている骨が少なくなると、歯の支えが少なくなり歯がグラグラしてしまいます。

 

その状態になると噛むと痛みが出るので、硬い食べ物が噛みにくくなります。

 

 

【むし歯】

 

むし歯はむし歯菌がプラークの中で増殖して、糖分を栄養にして『酸』を作り出します。

 

この『酸』が歯の成分を溶かしてむし歯が進行します。

 

むし歯が進行して神経に近くなると食べ物を噛むと痛みが出て、硬い食べ物を噛むことが難しくなります。

 

【歯が無い部分がある】

 

むし歯や歯周病で歯が無くなって、そのままになると失った歯の部分の機能がなくなり、しっかり噛むことができなくなります。

 

また、歯が無い期間が長くなると歯が無い部分を埋めようと歯が隣に倒れてきて歯並びが悪くなります。

 

歯並びが悪くなると噛み合わせが悪くなり、硬い食べ物を噛みにくくなります。

 

【顎関節症】

 

顎関節症はいくつかの原因が考えられますが、ストレスなどで緊張状態が続くと無意識に歯を食いしばることや、歯ぎしりをしていることがあります。

 

また歯科治療をして被せ物をして噛み合わせが合っていないまま使用し続けると、あごに負担をかけてしまいます。

 

その状態が長く続くとあごに負担がかかり、顎関節症になってしまいます。

 

顎関節症はお口を開けた時に『カクン』と音が鳴ってお口が開きにくくなる症状が出ますが、ひどくなるとお口を開けるのもつらくなるほど症状が悪化することがあります。

 

その場合には硬い食べ物も噛みにくくなりますし、食事自体もつらくなることもあります。

 

 

【歯並びが悪い】

 

生まれつき歯並びが悪いと正しい位置で噛めず、噛み合わせが悪くなることが多いです。

特に奥歯がしっかり噛み合っていないと硬い物が噛みにくくなります。

 

噛み合わせは自分の力で治すことは難しいので矯正治療が必要です。

 

 

お口の不具合はしっかりと食事をすることが出来なくなるだけではなく、色々な症状が出てきてしまいます。

 

そのため、硬いものを噛みにくくなったら歯科医院で治療することが大切です。

 

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください