歯周病の豆知識TRIVIA

2018年12月20日 (木)

カテゴリー:

歯石と歯周病の関係性

歯科医院で歯石除去をしたことがありますか?

お口の中のプラークが長い期間溜まってしまうと歯石になります。

 

以前はこの歯石が歯周病の原因とされていましたが、最近では、歯石は歯周病のリスクになっても、直接の原因ではないことがわかってきました。

 

そこで今回は歯石と歯周病の関係性についてご説明します。

 

【歯石とは?】

 

歯石とは歯垢が取り切れずに残ってしまい、2日程度かけて石のように硬くなったものです。

歯垢の段階では歯磨きで除去することができますが、歯石になると歯磨きで除去することが難しくなります。

 

また歯石は細菌の死骸に唾液や血液のカルシウムが沈着したものになります。

 

【歯石をためないためには】

 

歯石をためないためには、歯石になる前の段階の歯垢を毎日のケアでしっかりと除去してあげることが大切です。

 

歯石の着きやすい場所は『下の前歯の裏側』『上の奥歯の頬側』『歯と歯ぐきの境目』につきやすいので特に注意して磨きましょう。

 

また、汚れが残りやすい所には個人差があるので、歯科医院の定期検診やクリーニングの際にどの部分に汚れが着いているのか、どのように磨くと効果的なのか確認しましょう。

 

歯垢の段階で汚れを除去すると、歯石の着かないお口の状態をキープすることができるので歯磨きの苦手な部分を克服しましょう。

 

 

【歯石と歯周病の関係性】

 

歯石自体は虫歯の原因である『酸』や『毒素』を出すことはないのですが、表面がざらざらしているので、その部分に汚れが着きやすく細菌が増殖しやすい環境になり歯周病や口臭の原因になります。

 

ただ、現在は歯周病の直接の原因は歯垢の中の細菌なので、歯石が歯周病の原因でありません。

 

以前は歯石を除去すると歯周病が安定してくると考えられていたので、歯石が歯周病の原因とされていました。

 

しかし、細菌が原因なので、歯石除去を行うだけでは歯周病は改善せず、毎日のプラークコントロールで歯垢を除去することが大切とされています。

 

また歯垢の中の細菌が原因で歯周病が悪化するので、細菌をコントロールするために薬を内服する歯周内科治療も出てきました。

 

歯周病は中々治りにくいといわれていますが、歯垢をしっかり除去して歯周病を安定させてお口の環境を整えましょう。

 

 

歯石は歯周病にとって直接の原因ではありませんが、汚れが着きやすくなるので、歯周病のリスクになります。

そのため、除去してあげることが大切です。

また歯石がつかない様にするために歯垢の段階でしっかり除去してあげましょう。

 

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください