歯周病の豆知識TRIVIA

2018年12月10日 (月)

カテゴリー:

歯周内科治療① ジスロマックの効果

 

歯科の治療も日々進化して、歯周病を薬で治す歯周内科治療も出てきました。

歯周病は気づかないうちに進行していることも多く、治療に時間がかかる場合や、進行していると痛みが出てしまうこともあります。

 

歯周内科治療では、菌を特定してその菌に対して薬でアプローチしていくので、細菌の増殖を抑えて、痛みや腫れが落ち着いてから、歯周病の基本的な治療に移行することができます。

 

そのため、患者さんの痛みやストレスを軽減することができます。

 

そこで今回は歯周内科治療で使用される『ジスロマック』という薬の効果について詳しくご紹介します。

 

 

【ジスロマックとは?】

 

ジスロマックは内科などでも処方されるマクロライド系の抗菌薬で、細菌のたんぱく質合成を阻害して抗菌作用を発揮する薬です。

 

この薬は細菌が原因で炎症性の化膿が生じる場合に使用されます。

また、副作用が少なく、アレルギーの報告がほとんどないことも特徴です。

 

【ジスロマックの効果】

 

ジスロマックは歯周病嫌気性菌に対して感染部位に集まり、長い時間抗菌効果を発揮してくれます。

 

また、ジスロマックは3日間1日1回服用するのですが、その後も7日間効果を発揮してくれるといわれています。

 

【歯周内科治療での服用】

 

歯周病の主な原因は歯周病菌とカビによるものです。

どちらもほとんどの人に存在する常在菌ですが、増殖すると歯周病の症状がでてきます。

 

歯周内科治療では特定の細菌を確認して、ジスロマックを使用して除菌することで歯ぐきや出血などの症状を改善して歯周病の症状に効果を発揮してくれます。

 

状態によっては他の薬を併用して服用し、細菌の除去とカビの除去の両方を行っていきます。

 

【ジスロマックの費用】

 

歯周内科治療は保険が適応にならない自費治療なので、歯科医院ごとに費用が異なります。

歯周内科の検査と一緒の場合や、ジスロマック以外の抗真菌薬を併用して服用する場合にも費用が変わってきます。

 

歯周病は身近な病気ですが、きちんと治療して自宅でも毎日ケアをしないとコントロールが難しい病気です。

 

しかし、ジスロマックを服用した治療は細菌とカビ自体を除去して原因を取り除いてくれるので、歯周病に悩んでいる方におススメな治療法です。

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください