歯周病の豆知識TRIVIA

2018年12月6日 (木)

カテゴリー:

歯科医院で行う歯周病治療

 

歯周病は気づかないうちに進行していることも多いので、早めに治療することが大切ですが、実際にどの様な治療をするのか知りたいという方も多いのではないのでしょうか。

 

そこで今回は歯科医院で行う歯周病治療についてご紹介します。

 

【歯周基本治療】

 

〈プラークコントロール〉

歯周病はプラークの中の細菌が増殖して歯ぐきにダメージを与えるので、まずしっかり

プラークコントロールをしていきます。

 

歯周病の治療は歯科医院での治療だけでなく、自宅でのプラークコントロールをしっかりすることができないと、歯ぐきの状態が改善していきません。

 

そのため、まず正しいブラッシングやデンタルフロス・歯間ブラシなどの補助清掃用具を使用して細かな部分の汚れを除去できる様にしていきます。

 

〈スケーリング・ルートプレーニング〉

 

プラークは時間が経つと『歯石』になります。

歯石になると歯ブラシでは取り切れないので、歯科医院で超音波の機械や金属の器具を使用して除去していきます。

 

また、長い時間歯石が付着していると歯周ポケットが深くなり、更に歯石がつきやすく歯周病が進行してしまいます。

 

 

【外科的治療】

 

〈フラップ手術〉

歯周基本治療をしても歯周ポケットが改善しない場合には、麻酔をして歯周を切開して見える状態にして、歯石や感染した部分を除去していきます。

歯周基本治療は歯周ポケット内の部分は目で確認することができませんが、フラップ手術では歯石や感染部分を確認して除去することができるので、より正確に除去することができる治療法です。

 

【歯周再生療法】

 

歯周病が進行して、骨が減少するとそのままでは元に戻ることはありません。

骨が少なくなると歯を支えることが出来ないので、歯周組織を再生するために歯肉を切開して『エムドゲインゲル』という歯周組織再生誘発剤とGBRメンブレンを使用して歯周組織の再生を促していきます。

 

【歯周内科治療】

 

歯周病菌を位相差顕微鏡、PCR検査で検査をし、菌数が多い場合に抗菌薬の内服、抗真菌薬での歯みがきを用いて内科的に治療します。抗菌約にはジスロマック、抗真菌薬にはファンギブレシロップ、メンテナンスにはペリオバスターという薬剤を用います。

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください