歯周病の豆知識TRIVIA

2018年11月23日 (金)

カテゴリー:

歯周病の治療方法

歯周病を改善したいと思ってもどの様な治療をするか分からないと思っていませんか?
歯周病は自分の力だけでは改善することが難しいので、歯科医院での治療が必要になってきます。

ただ歯科医院での治療だけでなく、自宅でのケアも大切なのです。
歯周病の治療はお口の中を改善して維持していくことで効果を発揮します。

そこで今回は歯周病の治療方法について詳しくご紹介します。

【STEP1 検査】

まずは歯ぐきの状態を確認していきます。
① 『歯周ポケット』の深さを測定して歯周病の進行度を調べます。
② レントゲンを撮影して骨が溶かされていないか骨の状態を調べます。
③ 歯がグラグラ動いていないか『動揺度』を調べます。
④ 歯ぐきからの『出血・排膿』を調べます。
⑤ 歯のまわりの『プラークの付着量、割合』を調べます。

【STEP2 歯科医院での治療】

① スケーリング
歯周病の原因である『プラーク』『歯石』を超音波スケーラーや手用スケーラーで除去します。

② ルートプレーニング
歯周ポケットの深い部分に歯石が着いてしまうと歯の根の部分が細菌に汚染されてしまうので、この部分も除去して歯周ポケットが改善されるようにしていきます。

③ フラップ手術
歯周ポケットが深い場合には麻酔をして歯石を除去し、場合によっては歯ぐきを切開して歯根を見える状態で施術するフラップ手術を行うこともあります。

【STEP3 自宅でのセルフケア】

歯科医院で歯石を除去しても毎日のセルフケアが十分でないとまた汚れが着いて歯周病が悪化してしまいます。
そのため、歯科医院での治療だけでなく、自宅での歯磨きもしっかりと行う必要があります。

歯磨きが苦手な部分は決まってしまうことが多く、どの部分が苦手か歯科医院で確認してもらいブラッシング指導をします。

その時にどの部分をどの様にして磨いたら良いか習得して毎日のケアに役立てましょう。

歯ブラシだけでは細かな汚れが落ちにくいこともあるので、歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシを併用しましょう。

また歯周病用の『歯磨き剤』や殺菌力の高い『うがい薬』を使用することも有効です。

【STEP4 定期メインテナンス】

歯周病は歯科医院で治療して毎日適切なケアをしていると進行することは少ないですが、自覚症状がない間に進行してしまうことがある病気です。

そのため、定期的に歯周病の状態をチェックする『定期メインテナンス』が大切です。

歯周病が悪化していないか、汚れが着いていないか、お口の状態が悪くなっていないかを定期的に確認することで何か問題があった場合でも早期に対処することができます。

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください