歯周病の豆知識TRIVIA

2018年11月4日 (日)

カテゴリー:

歯周内科治療の方法

みなさん、こんにちは。ライフ錦糸町歯科クリニックです。

 

近年では、歯周病治療の研究が進み新しい治療方法も多く出てきています。その中で最近注目されているのが「歯周内科治療」という方法です。今回は歯周内科治療についてお話ししたいと思います。

 

歯周内科治療とは、抗菌薬を使って歯周病を改善していく方法のことで服薬をメインとするため痛みが少なく始められます。

今までの歯周病治療は、クリーニングにて歯垢や歯石の除去を行い、歯科医師・歯科衛生士からの歯磨きの指導をします。中等度〜重度の歯周病になると麻酔を行い、歯茎を切って歯周ポケットを掃除する治療が行われます。長時間お口を開けていたり、メスを使ったりすることでお体やお口への負担がかかってきます。

これらの治療は効果がありますが、元々のお口の中に歯周病細菌が住みやすい環境ができていると、再発を繰り返しまた同じ治療を続けることになります。

そこで歯周内科治療では、歯周病の原因菌が住みつきにくい環境をつくり、内側から一気に菌を撃退していきます。

 

一般的な歯周内科治療の流れについてご説明します。

 

1.お口の中の細菌を見ることができる「位相差顕微鏡」にて、お口の中の細菌を目で見ていただき、どのような菌がどのくらいいるのかを確認していただきます。

 

2.位相差顕微鏡で歯周病細菌が多く検出された場合には、DNA検査を行い、細菌の種類・数を検査します。

3.お口の中の細菌が住む環境を破壊するための専用薬を使って歯を磨いていきます。細菌の住処を破壊することにより細菌を除去しやすくします。(1ヶ月間)

 

4.抗生物質(飲み薬)を服用して、身体の内側から細菌を除去します。(3日間)

 

器具等や外科手術とは違って、お薬による内科治療となるため精神的・身体的な負担が少なく、痛みがほとんどないことが特徴です。また、通常の歯周病治療であれば半年以上かかることも珍しくありません。症状に合わせ、治療回数を大幅に抑えることもできます。治療期間のご希望がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

 

歯周内科治療では

・お薬を用いた内科治療のため手術の必要がなく痛くない

・治療後は朝起きたときの口の中が爽やかになる

・今まで感じてたお口の中のネバネバ感がなくなる

・歯ぐきからの出血が大幅に減少

等の効果が実感できます。

 

歯周病が気になる方や、何度も歯茎が腫れている方、歯周病治療は受けているがなかなか改善していないと感じる方は、ぜひ一度ライフ錦糸町歯科クリニックへお問い合わせください。

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください