歯周病の豆知識TRIVIA

2018年11月2日 (金)

カテゴリー:

一度、歯周病(歯槽膿漏)になったら、またすぐ歯周病(歯槽膿漏)になりやすい?

みなさん、こんにちは。ライフ錦糸町歯科クリニックです。

 

歯周病は歯科医院に通い、しっかり治療を行ったとしても、メインテナンスを怠っていると、再発しやすい病気です。一度歯周病になったら、定期的に治療を行い歯と歯茎の周りを守っていかなければなりません。

 

歯周病の再発防止のためには、ご自身のセルフケアと歯科医院での定期的なクリーニングが必要です。

 

歯周病の原因は歯垢(プラーク)から形成される「バイオフィルム」という細菌の塊です。

バイオフィルムは一度できると自分で除去することができず、お口の中にできたバイオフィルムは歯周病の再発の原因となってしまいます。

歯周病治療を行い一時的に改善したとしても、日々の生活で付着したバイオフィルムを定期検診で落としていかなければなりません。

 

また歯科医院にてどんなに綺麗にお口の中を掃除しても、毎日のセルフケアが正しくできていなくて、お口の中の環境が悪い状態が続くと歯周病の症状は悪化していきます。

セルフケアを正しく行うためには、適切な歯磨きの仕方を学ぶ必要があります。

ライフ錦糸町歯科クリニックでは、歯科医師と歯科衛生士が患者様に合わせた歯磨き指導を行います。

歯ブラシの使い方や歯磨きだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシ、舌ブラシ等の清掃補助器具を使うことでさらに綺麗に清掃を行うことができます。

歯ブラシだけの清掃では口腔内の60%しか細菌や汚れを落とすことができないといわれています。

 

歯ブラシの選び方のポイントとしては、歯ブラシの頭の部分(ヘッド)が小さなもので、歯茎を傷つけない程度の柔らかい毛先がおすすめです。特に成人の男性は歯ブラシのヘッドが大きく、毛先が硬いものを好む方が多いので気を付けましょう。

 

デンタルフロスや歯間ブラシは歯ブラシでは取りきれなかった歯と歯の間の汚れを落としていきます。

歯間ブラシは歯と歯茎の隙間の空き具合によってサイズが変わるため、前歯と奥歯ではサイズが異なる場合があります。また無理やり大きいサイズで行うと歯茎を傷つけたり、小さいサイズだと汚れが綺麗にとれないこともあります。歯科医院での歯磨き指導時に歯科医師や歯科衛生士に確認しなければなりません。

初めのうちは面倒だと感じるかもしれませんが習慣化することで、歯周病の再発防止になります。

お口の中のバイオフィルムが原因で長らく歯周病に苦しんでいる方がいるかもしれません。歯周病の再発でお困りの方は是非一度ライフ錦糸町歯科クリニックにご相談ください。

 

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください