歯周病の豆知識TRIVIA

2018年11月1日 (木)

カテゴリー:

歯周病(歯槽膿漏)の原因とは

みなさんこんにちは。ライフ錦糸町歯科クリニックです。

 

歯周病には軽度〜重度までの段階があるということをご存知でしょうか?

軽度の歯周炎であれば、歯垢や歯石の除去、歯磨きの指導で改善していくことがほとんどですが、中等度・重度の歯周病にまで進行してしまうと治療も長引き、また治療予後も良い結果が出にくくなります。

今回は歯周病になってしまわないために、歯周病の原因を理解していただきたいと思います。日常生活で気をつけられることもありますので是非参考にしてみてください。

 

大きく分けて歯周病の原因は2つあります。

1.歯垢(プラーク)

歯周病の直接の原因は歯垢(プラーク)です。歯垢(プラーク)は多くの種類の歯周病細菌が増殖して塊を形成したもので、「バイオフィルム」を形成しています。

酸素の少ない場所を好む歯周病の細菌たちは、酸素の少ない歯周ポケットの中に増殖をしていき、毒素を出して歯茎や歯槽骨などの歯の周りの組織を壊していきます。

 

2.リスクファクター(間接的な危険因子)

歯周病の直接的な原因は歯垢(プラーク)ですが、「お口の中の環境」や日々の「生活習慣」の中には間接的に歯周病を悪化させるリスクファクター(危険因子)があります。

歯周病を予防していくには、ご自分にあった方法での歯ブラシを行い歯垢を取り除くことと歯周病のリスクファクターを少なくすることが大切です。

 

歯周病のリスクファクターについて

・歯石

柔らかい歯垢(プラーク)の状態から放置すると、唾液中のカルシウムなどが沈着して硬い歯石になります。歯石表面には細菌が付いているため、さらに歯垢が付着し、歯周病を悪化させる要因になります。

 

・歯並び

あごのスペースの問題等により歯が傾いていたり斜めから生えてきていたりして、歯並びが悪いと歯みがきでは汚れの除去が難しくなりがちで、歯垢が増殖し歯周病が起こりやすくなります。

 

・歯の形に合っていない被せ物や詰め物

歯に合っていない被せ物や詰め物は歯と被せ物のつなぎ目に歯垢がたまりやすくなり、周りの歯にも影響を与える可能性があります。

 

・口腔習癖(口呼吸や歯ぎしりなど)

・口呼吸

口で呼吸する癖がある場合は、口の中が乾燥しやすく唾液もでにくいため歯垢が付着しやすくなります。また乾燥している状態は抵抗力が弱いため、炎症が頻繁におきやすくなります。

・歯ぎしり

歯ぎしりは通常の歯の動きとは異なり、横に揺れます。

歯や歯の周りの組織は横から加わる力にはきわめて弱く、歯茎や歯槽骨の退縮を起こしやすく歯周病が悪化していきます。

 

また、口の中以外にも喫煙やストレス、食習慣などの日々の生活習慣もリスクファクターとして加わってきます。

歯周病を予防・改善していくには、口腔内環境はもちろん、生活習慣を見直してリスクファクターを減らし、全身の健康状態をととのえていくことが大切です。

ライフ錦糸町歯科クリニックではお口の中だけでなく生活習慣についても一緒に改善していき、歯や全身の健康をサポートしておりますので、是非一度、来院ください。

 

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください