歯周病の豆知識TRIVIA

2018年10月27日 (土)

カテゴリー:

歯周病(歯槽膿漏)の原因とは

みなさん、こんにちは。ライフ錦糸町歯科クリニックです。

 

歯周病は軽度の時はブラッシング時の出血や軽い歯茎の腫れといった症状はありますが、ほとんど自覚症状がないうちに進行する沈黙の病気(サイレントディジーズ)とも呼ばれており、気がついた時には既に進行しているといった患者様もいらっしゃいます。

 

歯周病の一番の原因はセルフケアや定期的なクリーニングを怠り、歯垢(プラーク)が蓄積されることです。

歯周病を引き起こす主な原因は、歯垢(プラーク)にあります。

 

歯垢(プラーク)は、食べ物や飲み物の磨き残しと思われがちですが、細菌同士が作る巣のことです。歯周病の原因菌や虫歯の原因菌がこの歯垢の巣の中で増殖します。歯垢(プラーク)は黄白色でネバネバしており、バイオフィルムのひとつといわれています。この細菌からでる毒素が歯周病を発生させ、歯周病の進行に大きく関わってきます。

 

放っておいた歯垢(プラーク)に、唾液中のリン酸やカルシウムがくっつき、石灰化していきます。石灰化した歯垢は徐々に歯石となっていきます。

歯石になってしまうと歯ブラシでは除去する事が困難になります。

付いてしまった歯石の表面はざらつきがあり、その上にさらに歯垢が付きやすく、どんどん歯石が大きくなっていき細菌がふえていきます。

歯周病の細菌が作りだす毒素が歯茎にダメージを与えることにより歯周病は進行していくのです。

 

歯周病の細菌はお口の中で悪影響を与えるだけでなく、心臓病や糖尿病、動脈硬化、脳卒中、早産などの原因にもなると言われています。

細菌が血管を介し、全身に巡ります。一部で血栓をつくることにより脳卒中や心臓病になるという研究結果もあります。

 

このように、歯周病は口の中以外にも、全身の恐ろしい病気につながっています。

ご自身が気をつけることにより歯周病の原因となる歯垢(プラーク)は除去することができます。

初期段階での原因の除去がとても大切になります。歯垢が除去できているか不安な方はご自宅でできるセルフケアの仕方をできるようになるまでお伝えし、実際にできるようになるまでお手伝いしています。ライフ錦糸町歯科クリニックであなたの大切な歯を守るため一緒に頑張りましょう。

 

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください