歯周病の豆知識TRIVIA

2018年9月18日 (火)

カテゴリー:

歯周病(歯槽膿漏や虫歯)で歯が抜けた後の治療について

皆さんこんにちは。ライフ錦糸町歯科クリニックです。

 

今まで、歯周病や歯槽膿漏にならないための予防法や治療方法についてお話をしてきました。今回は歯周病が重度まで進行してしまい、抜けてしまった場合はどうなるのか、についてお話ししていきたいと思います。

 

歯がぬけてしまった場合の治療方法は

  • 入れ歯
  • ブリッジ
  • インプラント

の3つの治療方法があります。それぞれについて説明をしていきましょう。

 

1、入れ歯

抜けてしまったところの型取りを行い作成します。取り外しできるので毎日のお手入れが必要です。
はじめて入れ歯を作る方のほとんどはお口に違和感を覚え、食事や会話などに苦労する方が多くいらっしゃいます。ですが、違和感があるからといって入れ歯を付けないでいるとせっかく作った入れ歯が合わなくなり、お口の中にも様々な悪影響を及ぼします。

保険適応外になりますが患者様のご希望に合わせて、違和感の少ない材質に変えたり、入れ歯だと気が付かれにくい磁石やインプラントを併用したりすることも可能です。

 

2、ブリッジ

失った歯の両隣の歯を支えにして、橋(ブリッジ)として被せ物を作ります。両隣の歯を支えとするため、削る必要があります。失った歯の部分が多くなるとブリッジを作成することが難しい場合があります。ブリッジは入れ歯のように取り外すことができないため、日々のお手入方法が複雑になります。

汚れが溜まりやすくなりますので、定期検診にて支えとなる歯のチェックを受けることが大切です。

基本は保険適応となりますが入れ歯と同様、保険適応外の治療であれば汚れのつきにくく目立たない材質を選択できる場合もあります。

 

3、インプラント

あごの骨に専用のネジを埋め、その上に人工の歯を作ります。

外科的な治療が必要になりますが、入れ歯に比べて食事や会話の際の違和感が少なく見た目もインプラントと気が付かれにくいというメリットがあります。

入れ歯が合わず苦労された方はインプラントに変えた時その良さを実感されます。保険適応外となりますので高額な費用がかかってくる場合もあります。また長期的な治療が必要となりますので信頼のおける歯科医院にてしっかりと説明を受け、納得した後に治療に入ることが大切となります。またインプラントにしても定期的なメインテナンスを受けないとインプラント周囲炎という症状がでる場合があります。

 

歯周病や虫歯により歯を失ってしまったとしても定期的な検診とケアは絶対必要になってきます。ライフ錦糸町クリニックでは患者様のライフスタイルとお口の中の状態を総合的に診断し、適切な治療方法をご提案し、納得いただいてから治療にはいります。

ご説明のみでも受診できますのでぜひ一度ご来院ください。

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください