歯周内科の考え方THINKING

歯周病を薬で治す方法!「歯周内科治療」とは

歯周内科とは

歯周病は虫歯と同じく、細菌によって病気がひきおこされる感染症の一種です。感染症と言えば一般的な病気である風邪やインフルエンザを連想される方が多いかと思いますが、これらの病気は薬を飲めばほとんどのケースで症状が改善されます。では、「歯周病も同様に薬で治せるのではないか」、この考え方から生まれたのが薬で治す歯周病治療の「歯周内科治療」です。

歯周内科の考え方

歯周内科の考え方 イメージ画像現在の歯周病治療は歯磨き指導や歯石の除去、歯のクリーニングといった基本的な清掃作業を進めていく方法が主流です。しかし、このような基本的治療を続けて毎日の歯磨きを患者さんご自身がしっかり行っていてもなかなか歯周病が治らず、症状が悪化して最終的に歯を失ってしまう方が少なくありません。症状が重くなった歯周病は歯ぐきを切開して中の汚れを取り除くフラップ手術など、外科的な処置を行うこともありますが、外科手術は術者である医師に確固たる技術と深い知識がなければ良い結果がもたらされないのもまた事実です。

そこで、「どんなシチュエーションの下でも同じ方法で、もっと簡単に良い結果をだす治療法はないものか」と多くの歯科医師や研究者が知恵をだしあって生まれたのが、薬で治す内科的歯周病治療の「歯周内科治療」です。
歯周内科治療では歯周病嫌気性細菌に対して抗菌力がある抗生物質の服用を中心に、真菌を殺菌する洗口剤(うがい薬)や細菌を除去するための歯磨き剤などを用いて歯周病の原因となる細菌の除菌を身体の内と外から同時に進めていきます。

位相差顕微鏡による検査でわかること

位相差顕微鏡による検査でわかること イメージ画像歯周内科治療では位相差顕微鏡(いそうさけんびきょう)という高精度な顕微鏡を使い、お口の中に存在する歯周病菌やカビ菌を調べていきます。位相差顕微鏡を用いて検査を行うことにより、通常の顕微鏡では判別が難しい歯周病の原因菌の正体をより正確に把握できます。また、菌の種類や状態を確認することで患者さんのお口の中が今どのような状態になっているのか、これから歯周病が進行していくのか、などもわかってきます

位相差顕微鏡で確認可能な菌の一部

CHECK POINT

  • カンジダ・アルビカンス(カビ菌)
  • スピロヘータ(歯周病菌)
  • 口腔トリコモナス(原虫)
  • 歯肉アメーバ(原虫)

リアルタイムPCR法による検査でわかること

リアルタイムPCR法による検査でわかること イメージ画像歯周内科治療では位相差顕微鏡を使って細菌の形状を確認するとともに、リアルタイムPCR法によるDNA検査も合わせて行います。検査では歯周ポケットに溜まっているプラーク(歯垢)をサンプルとして採取し、プラークの中にいる細菌のDNAを調べて菌の種類や数を確認します。

リアルタイムPCR法は患者さんによって異なる歯周病の原因菌の存在や菌の数を把握できるほか、状況に応じて抗菌剤や抗真菌剤を使い分けることでお口の中の除菌作業をよりスムーズに進められる、というメリットがあります。

歯周内科治療に関するQ&A

薬の副作用はありますか?
歯周内科治療で用いる抗菌剤は副作用がきわめて少ないのが特徴です。抗菌剤を服用した際には下痢や胃痛、吐き気といった副作用が現れるケースもありますが、いずれも軽い症状で終わることがほとんどです。

また、これらはすべての抗生物質に見られる症状であり、歯周内科治療で使用する抗菌剤だけが特別に副作用がでやすい、ということはありませんのでご安心ください。ただし、胃腸などの消化器系器官が弱い方や幼児は抗菌剤による下痢をおこしやすいため注意が必要です。
歯周内科治療は保険で利用できますか?
国の制度上、歯周内科治療は保険を適用することができません。原則として治療はすべて自費による診療となります。
歯周内科治療が効かないケースはありますか?
治療を受けた患者さん全体の5%程度、歯周病菌を除菌できない場合があります。主な原因は以下のケースです。
  • 血液の中にいる白血球がもともと少ない場合
  • 血液の病気にかかっている場合
  • ヘビースモーカーの方
  • 虫歯や虫歯治療中の歯がたくさんある方(虫歯治療後に歯周内科治療が有効になることもあります)
タバコはやめなければダメですか?
タバコに含まれるニコチンは身体を守る免疫機能を狂わせる作用があり、歯周病の症状を進行させます。また、タバコを習慣的に吸っているとニコチンによって血流が阻害され歯ぐきの腫れや出血がわかりにくくなってしまい、患者さんご自身が歯周病を見落としやすくなります。
タバコは歯周病に限らずどのようなケースにおいても「百害あって一利なし」の嗜好品のため、できれば歯周病治療を機に禁煙をしていただくことが望ましいのですが、強制ではありません。
妊娠中でも治療は受けることができますか?
内服薬を用いるため、妊娠中および授乳期間中の方には歯周内科治療を適用することはできません。歯磨き剤については妊娠中でも問題ありませんが、気になる方にはご出産を終えたあとでのご使用をおすすめしています。

歯周内科治療で口腔内の状態を綺麗に改善

歯周内科治療で口腔内の状態を綺麗に改善 イメージ画像お口の中には700種類以上の細菌が生息していると言われています。歯周病を治すためには病気をひきおこしている原因菌を突き止め、それぞれの菌に対応した薬を服用することが大切です。

歯周内科治療では検査の結果、薬の服用が必要ない、と判断されたときには内服薬を処方せず、治療方式を歯磨き指導や歯石取り、歯のクリーニングなど、基本的なものに切り替えることも可能です。歯周病でお悩みの場合は、まずは一度、お気軽に歯科医師までご相談ください。

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください