歯周病とはPERIODONTICS

放置はNG!歯周病の基礎知識と効果的な
予防法について

歯周病とは

  • 歯ぐきが赤く腫れている…
  • 歯を磨くと歯ぐきから血が出る…
  • 歯がグラグラしてきた…

このような症状、心当たりありませんでしょうか?
もし、上記のような症状がでている場合、歯周病にかかっている疑いがあります。

歯周病は歯にできる虫歯とは違い、歯の周辺組織である歯ぐきが炎症をおこして腫れてしまったり、歯ぐきから血や膿がでる、あごの骨が歯周病菌によって溶けてくる、など、さまざまな症状が現れる病気です。

歯周病は「国民病」

歯周病は「国民病」 イメージ画像歯周病は日本人の成人の約8割以上の人がかかっているとされる「国民病」のひとつです。歯周病はお口の中の細菌バランスが崩れてくる50代以上の年齢層の方に多い病気ですが、現在は15~24歳までの未成年・若年層世代の方も7割以上に歯ぐきの炎症などの症状が見られており、年齢に関係なく多くの方が歯周病を発症していることが明らかになっています。

ギネスブックにも認定された歯周病

ギネスブックにも認定された歯周病 イメージ画像世界のいろいろな“ナンバーワン”を認定していることで有名なギネスブック。歯周病はそのギネスブックに「全世界でもっとも患者数が多い病気」として掲載されています。また、ギネスブックでは歯周病について「地球上を見渡してもこの病気におかされていない人は数えるほどしかいない」と表現しており、歯周病が日本人のみならず世界中で蔓延していることを指摘しています。

歯周病の原因

お口の中にひそんでいる歯周病菌やカビ菌が病気をひきおこします

お口の中にひそんでいる歯周病菌やカビ菌が病気をひきおこします イメージ画像歯周病はお口の中にひそんでいる歯周病菌やカビ菌などの細菌によってひきおこされます。歯周病菌はふだん歯の表面に付着しているプラーク(歯垢)の中に住み着いており、歯周病菌が歯と歯ぐきのあいだにある歯周ポケットに入り込むことによって歯周病を発症します。

歯周病菌はプラークの中にひそむ性質があるため毎日の歯磨きを怠ってしまうとお口の中にプラークが長くとどまることになり、菌が増殖、歯周病を発症しやすくなります。また、喫煙や飲酒が原因で唾液の分泌量が減少したり、加齢によって口腔内の細菌バランスが崩れてしまうと歯周病の発症リスクが高くなります。

歯周病は人から人へ感染します

歯周病は人から人へ感染します イメージ画像歯周病菌は虫歯菌と同様、唾液を介して人から人へ感染する性質があります。このため、歯周病菌を持っている人とキスをしたり、飲み物や食べ物を分け合う際に間接的に口がふれてしまうとそこから歯周病菌がうつるおそれがあります。感染の経路には夫婦間感染や恋人間感染、飲食物の共有による感染のほか、猫や犬など、ペットとのキスが原因で動物が持つ歯周病菌が人間に感染するケースも確認されています。

母子感染には注意が必要です

母子感染には注意が必要です イメージ画像唾液を介して感染する性質がある歯周病菌ですが、お子様をお持ちの方は母子感染に特に注意が必要です。お母さんやお父さん、そのほか周りの大人が歯周病にかかっていてお口の中にたくさん歯周病菌を持っている場合、キスをしたり口移しで食べ物を分け与える、回し飲みをする、といった行為で歯周病菌が子どもに感染してしまうおそれがあります。

お子様をお持ちで歯周病にかかっている方は子どもとのキス、口移しなどの唾液を介する行為はできるだけ控えるようにしてください。
また、お子様への感染に注意するとともにまずはご自身が毎日の歯磨きをしっかり行い、併せて歯科医院を受診して治療を受け、歯周病を治すことを心がけるようにしましょう。

歯周病の進行プロセス

歯周病が進行するときの歯と歯ぐきの様子

健康な状態の歯ぐき

歯ぐきがピンク色で炎症や出血をおこしていない状態。歯周ポケットの溝の幅は「1~2mm」です。

健康な状態の歯ぐき イメージ画像

歯周炎(軽度)

歯周炎は歯肉炎の次の段階です。歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きのときに歯ぐきから血や膿がでるようになります。さらに歯周病菌が歯根膜やあごの骨の歯槽骨に侵入、歯周組織を破壊していきます。歯周ポケットの溝の幅は「3~5mm」です。

歯周炎(軽度) イメージ画像

歯周炎(中度)

歯ぐきが赤紫色に腫れ、炎症がさらに拡大します。歯ぐきから血や膿がでるほか、卵や玉ねぎが腐ったときのような強い口臭が出始めます。歯を支えている歯槽骨は歯周病菌によって半分近くまで破壊が進行してしまい、歯がグラグラとぐらついてきます。また、歯ぐきが下がって歯が長く見えるようになります。歯周ポケットの溝の幅は「4~7mm」と大きく広がった状態です。

歯周炎(中度) イメージ画像

歯周炎(重度)

重度にまで進行した歯周病は歯槽膿漏とも呼ばれます。歯槽骨が半分以上破壊され歯がグラグラと不安定な状態になって食べ物をまともにかめなくなるほか、何をしていないときでも常に歯や歯ぐきが強く痛むようになります。力を加えなくても突然歯が抜け落ちることもあります。歯周ポケットの溝の幅は「6mm以上」となり、歯ぐきが大きく下がって歯の根面が露出して見えるようになります。

歯周炎(重度) イメージ画像

歯を失う原因

歯周病は歯を失う大きな原因

歯周病は歯を失う大きな原因 イメージ画像人の歯は本来寿命を持たないのですが、年齢を重ねるにつれ、歯を失ってしまう方が徐々に増えてきます。みなさん、歯を失う最大の原因はどのようなものだと思いますか?虫歯?事故?いいえ、歯を失ってしまう最大の原因は「歯周病」なのです。
歯周病は歯を失う原因の4割以上を占めており、多くの方が歯周病により歯を失っています。なお、虫歯は歯を失う原因の第2位で、3割以上の方が虫歯により歯を失っています。

日本人の平均残存歯数は?

日本人の平均残存歯数は? イメージ画像日本は世界有数の長寿大国です。しかし、歯の寿命は残念ながら平均寿命に追いついていません。日本はアメリカやスウェーデンなど海外の先進諸国と比べると、歯の寿命が短い傾向にあります。2012年に厚生労働省が行った調査(※)では、70歳の時点で残っている歯の平均本数を調べたところ、スウェーデンが残存歯数20本、アメリカが17本、イギリスが15本であるのに対し、日本人は9.8本という結果でした。同じ70歳でもスウェーデン人の方はご自分の歯で食事を楽しめている一方、日本人はほとんどの方が入れ歯やインプラントを入れているのです。
(※ 2012年度 「厚生労働省国民健康白書」統計より)

歯周病は「サイレントディジーズ」

歯周病は「サイレントディジーズ」 イメージ画像歯周病は海外では「サイレントディジーズ(静かな病気)」と呼ばれ、自覚症状にとぼしく、自分自身では症状に気づきにくいという特徴があります。初期の歯周病の歯肉炎になると歯ぐきが赤く腫れたり歯磨きのときに歯ぐきから血がでるようになりますが、これらの症状は歯周病ではなくても現れることがあるため、ついつい病気を見落としてしまいます。
このため、歯周病にかかると自分では気づかないうちにいつの間にか症状が進んでしまい、異常を感じ始めたときには重度の歯周炎になっており、抜歯以外の処置では対応できなくなることがあります。また、歯周病を治療せずに放置していたところ、グラグラしていた歯がある日突然抜け落ちてしまった、など、重大なトラブルも発生しやすく、平均残存歯数に悪影響をおよぼしています。

平均残存歯数とメンテナンス受診率の関係

平均残存歯数とメンテナンス受診率の関係 イメージ画像上の項でお伝えしたように、日本人は海外の先進諸国と比べると歯の平均残存本数がまだまだ少ない状況です。前述の厚生労働省の調査では「定期的に歯科医院で歯の検診とメンテナンスを受けている」と答えた人の割合がスウェーデン人が90%、アメリカ人が80%、イギリス人が70%であるのに対し、日本人は「6%」と非常に低い数値となっています。
メンテナンスの受診率の高さは70歳になったときの平均残存歯数に大きく関係してきます。海外の先進国では多くの方がメンテナンスによって歯を健康な状態で残すことができ、ご高齢になっても自分自身の歯で食べ物をしっかりとかんで食べている一方、メンテナンス受診率が低い日本では歯を残せる方が少なく、食生活で不自由を感じている、というケースが多いです。

歯はかけがえのない「一生のたからもの」です

歯はかけがえのない「一生のたからもの」です イメージ画像歯と身体の健康は切っても切り離せない関係にあります。歯が丈夫な状態で残っていれば食べ物をしっかりかむことができ、食生活を心から楽しめるようになります。食べ物をきちんとかめるようになると胃腸などの消化器系器官にかかる負担が減り、栄養の吸収が促進されて全身の健康状態を良好に保ちやすくなります。しかし、現在の日本では多くの方が歯周病や虫歯で歯を失い日々の食事を楽しめておらず、歯が失われることで咀嚼機能が低下したり認知症の症状が進むなど、健康状態が悪化しているのが実情です。

今では入れ歯やインプラントの治療技術も向上して精密な義歯が次々と誕生していますが、どんな優れた義歯でも天然の歯にまさるものはありません。歯はかけがえのない「一生のたからもの」です。大切な歯を歯周病で失ってしまわないようにするためにも、症状が悪化する前にぜひ歯科医院の定期検診とメンテナンスをご活用ください。

Contact

03-6658-8814

無料メール相談

Access アクセス・診療時間

ライフ錦糸町歯科クリニック
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1丁目 5-14サンヨー堂錦糸ビル1階
TEL 03-6658-8814

お昼も診療しています!

診療時間
9:00〜18:30 × ×

休診日…日曜・祝日 最終受付18:00
▲ スタッフの歯科勉強会のため毎週月曜日
  13時から14時は休診とさせて頂きます。
  ご予約や緊急時などは、中のスタッフまでお声掛けください